ご由緒

  • 創建  明治10年
  • 篠山の由来

筑後川に接する葦や笹が生えた「笹原」と呼ばれた低湿地に南から突き出た海抜10m程度の高さの舌状の微高地があります。

「篠山」とは、その先端部に位置する小高い山(海抜30m程度)のことで、笹(ササ)が生い茂っていたので自然に「ササヤマ」と称されるようになったと言われています。

  • ご祭神 久留米藩の歴代藩主、五柱の神様をお祀りしています。

 

toyouji

初代藩主

 有馬豊氏(とようじ)公命

戦国武将、千利休七哲の一人

yoriuyuki

七代藩主

 有馬頼徸(よりゆき)公命

関流和算 数学の大家

yoritoh

十代藩主

有馬頼永(よりとう)公命

諸大名や全領民より、稀代の名君と称された

yorishige

十一代藩主

 有馬頼咸(よりしげ)公命

維新前後の多難な政治に尽力

yoriyasu

十四代当主

 有馬頼寧(よりやす)公命

農林大臣、中央競馬会理事長

 

  • ご神徳 

共栄和睦

 幕末から維新にかけて、近代黎明期の久留米では対立と混乱に多くの人材が殉じました。 不和や不協和、わだかまった遺恨が解消されて、穏やかで和やかな世の中が訪れることを祈念し、その願いの象徴として、篠山神社が作られました。

 人々が共存共栄し、らぐことを願う神社として、五柱のご祭神をお祀りしています。

  諸願成就

 明治十年の創建以降、筑後地方一円の守り神として崇敬され、 

学業成就・下学上達

神前結婚式・良縁祈願

をはじめ

家内安全・職場安全・交通安全

商売繁盛・社運隆昌・事業繁栄

無病息災・開運厄除

心願成就

など、広くご神徳を顕されています。