明治10年(1877)創祀

福岡県久留米市

お正月参拝

厄を祓い、一年の無事・安全、成功と繁栄を神様に願います。個人でも団体でも受けられます。

初宮詣・七五三

お子様のお誕生・成長を神様に感謝し、ますます元気に、立派に育つようお祈りします。

神前結婚式

歴史ある古城の神殿で、荘厳な結婚式を執り行います。


行 事

» 鈴虫祭(8月第四土曜日)
―秋の訪れを先取る鈴虫の音色

» さくら祭(3月最終日曜)
 ―桜舞う音楽の祭典

ご由緒

 篠山神社は明治10年に、地域の復興と安寧を願って建てられました。幕末・明治維新によって、当時の久留米は政治の中枢で大きな混乱が起き、不安定な政情からのいち早い回復を多くの人が望んでいました。


 

 創建後は多くの神社関係者、地域の有志により、郷土史における重要な出来事や偉人を称える巨大な石碑がいくつも建立され、境内を歩く人々が歴史を顧みる一助となっています。

ご祭神

 創建時にはご祭神として、名君と名高い有馬豊氏公命と頼永よりとお公命の2柱をお祀りし、後に頼徸よりゆき公命、頼咸よりしげ公命、頼寧よりやす公命が加わり、5柱となりました。

概要

名称 篠山神社
設立 明治10年
ご祭神(五柱) 有馬豊氏公 有馬頼徸公 有馬頼永公 有馬頼咸公 有馬頼寧公
住所 〒830-0021 久留米市篠山町444
閉門 17時
電話番号 0942-33-3030 / 0942-39-0759
社用携帯 070-2640-5243

ご祈祷のご予約承ります。


 城内、南東側には有馬家に伝えられてきた家宝や史料を保存、展示する有馬記念館が建てられています。資料展示室は二階となります。一階には懐石料理や伝統的な茶事、会食などにご利用いただける レストラン有馬があります。